終わりなき旅~自律神経失調症と生きる~

自立神経失調症と生きるミスチル好きの普通のサラリーマン。雑記ブログ

超簡単にワードクラウドを作成できるアプリ

おわりんです。

 

最近、「死ぬまでにやりたい100のリスト」を作りました。

作った理由については、また今度述べたいと思います。

 

今日、記事にしたかったことは、ワードクラウドを超簡単に、誰でも作れるアプリを作ったことです。自分がやりたいことをワードクラウドで可視化してみました。

どうやら、僕の頭は家族の事がとても多いことがわかりました。

 

ワードクラウドとは

文字の大きさや文字を色分けして、どんな言葉が多く使われているかを見える化したもの。こんな感じです!

ワードクラウド

活用例としては、TwitterなどSNSのデータを見える化ができ、瞬時に膨大な文字データを把握することができるものです。

 

作成手順

①エクセルファイルで表を作り、CSVファイルで保存。

1番上の行に項目を書いて、その下にやりたことなど好きなことを書く。CSVファイルで保存する。作成したアプリは、CSVファイルを読み込みようになっていて、2行目からの文字をグラフ化します。

例 100のやりたいことリスト(CSVファイルで作成する)

②wordcloud_02を実行する(exeファイルダウンロード)

下記URLからダウンロードして、「wordcloud_02」アイコンを実行する。exeファイルのため、インストールとか何もいりません。クリックするだけで実行できます。

 

Pythonで作成しました。動作環境(Window10で動いています。その他でも動くと思うけれど、補償はできません。また悪意など全くありませんが、予期せぬ不具合などが起こりましたら自己責任でお願い致します。)

ワードクラウド作成アプリ

ここからアプリをダウンロード↓

https://drive.google.com/drive/folders/1V4ydqxNTJQv2TTJjzU7-HGxpNViXQg9u?usp=sharing

 

③アプリが立ち上がる。

③立ち上げたときの画面

④赤枠の「参照」から、ワードクラウドにしたいCSVファイルを選択する。

④ワードクラウドにしたいCSVファイルを選択

 

⑤保存したい場所を選択

⑤保存したい場所を選択

⑥背景カラー、メインカラーの色を指定する。

とりあえずそのまま(背景カラー:black(黒)、メインカラー:prism(カラフル))で大丈夫です。お好みで下記カラーからそれぞれ、背景カラー、メインカラーを指定できます。

⑥色の指定

背景カラーはここから選択

メインカラーは、ここから選択

⑦ワードグラフ作成(実行ボタン)をクリック

出来上がったプレビュー画面が表示されます。ファイルは、「画像保存場所」に保存されています。これだけで、ワードクラウドができてます。とっても簡単。

※ボタン名が「ワードグラフ作成」になってますが、ワードクラウドです。訂正してません。。

⑦実行後

こんな感じのがいろいろ作れます。

ワードクラウド作成 例

⑧応用:マスク画像を使う

⑧赤枠にチェックを入れる

⑨マスク画像の選択と、色の指定

先ほどダウンロードしたファイルに「facemask.jpg」がありますので、そちらを選択してください。自分でマスク画像を作ればどんな形にもできます。また、マスク画像の輪郭カラーを背景とかぶらないように適切に指定してください。

その後、「ワードグラフ作成」ボタンを押せば、出来上がり。

⑨マスク画像の選択と、輪郭カラー指定
こんな感じのができます。

もっと、意味のない単語を削除したり、いろいろ機能を付けてもいいなと思いましたがこんなところで諦めました。ソフトの知識もほとんどないのですが、Pythonはを使うと簡単にアプリが作れます。便利ですね。ほんと素人のアプリなので、使ってみたら不具合多いと思いますがご了承ください。

 

今日は、やりたいことリストの可視化をしましたが、音楽の歌詞、大量の情報なんでもCSVファイルに貼り付けさえすれば作れちゃうので、使ってみてください。

 

自分のPC上で作成できる(ネットが繋がってなくて良い)ので、ウェブ上に文字情報が残ることや、公開されたりするようなことは一切ありません。