終わりなき旅~自律神経失調症と生きる~

自立神経失調症と生きるミスチル好きの普通のサラリーマン。雑記ブログ

ワタナベオイスターが自律神経を強くしてくれた

今日は、私が毎日飲んでいるワタナベオイスター錠剤の話をします。

 

2015年5月から始まったひどい自律神経症状。

ワタナベオイスターは、いろいろ試して、徐々に体調を回復させることができたアイテムの1つです。

 

この商品はサプリメントですが、これもK薬局の先生に勧められて飲み始めました。「漢方」と「ワタナベオイスター」を併用することで、より一層効果が高まり、身体の状態をより良くしていけるとのことでした。

 

K先生は、4粒入ったサンプルの袋を数袋渡してくれ、是非試してくださいと言いました。

帰宅してから1日1袋ずつ飲んでみました。最初は良くわかなったのですが、仕事中の疲れがかなり軽減したなと思いました。当時は、自律神経がおかしかったため、仕事をすると午前中に疲れ果てて、昼休みにはぐったりしていました。昼食を食べたあとは、耳鳴りとふらつき感いっぱいで机の上に伏せて寝ていました。それなのに、ワタナベオイスターのサンプルを飲んでからは、昼休み中も同僚と食堂で笑いながら過ごせたのです。昔だったら、当たり前の日常ですが、当時の状態では、同僚と一緒に食堂でご飯を食べるだけでも精いっぱいで、食べ終えたらすぐに自分のデスク戻っていたのです。

体調が悪いと、食堂で人とごはんを食べるという行為さえ、全力を尽くさなければならなかったのが非常に辛かった。。当たり前のことが、当たり前にできなくなることは、本当に辛い事でした。そんな中、ワタナベオイスターが私に希望を与えてくれたと思っています。

 

このことがあって私は、ワタナベオイスターをもう少し続けていきたいと思い、K薬局に行って、ワタナベオイスター1か月分の錠剤が入った箱を買いました。

 

私の「ワタナベオイスター」の第一印象ですが、とにかく高い。。

1日6粒が摂取目安なのですが、1か月分6粒×30袋入りの箱で1万5000円近くしました。漢方薬ですでに毎月お金がかかっているのに、さらにこんなに高いサプリメントまで飲んだら、毎月3万円くらいかかってしまいます。

でも、購入しました。体調を少しでももとに戻していきたいという気持ちが強かったので、健康には変えられませんでした。効果のあるものは、どんどん試していきたいと思ってましたし。

owarinaki-tabi.hatenablog.com

 

K先生の話を聞くと、栄養満点のビタミンを豊富に取れるということなのです。ネットなどで調べると、良い口コミが多く、効果を感じて購入している人が多数いるみたいでした。そのK薬局でも、かなりの人が購入しているようでした。

 

 

ワタナベオイスターを毎日6粒1か月程度飲みました。

効果として感じたのは、

  1. 睡眠の質が向上した。(漢方の効果もあると思うが、ぐっすり眠れていた)
  2. 朝起きて、気持ちがすっきりしている。
  3. 肌がツヤツヤしてきた。
  4. 仕事で疲れにくくなった(多少のストレスがあっても、体が動く)
  5. 全体的に生活の行動力が増えた。遊びたいって気持ちがでてくる。
  6. お酒を飲んだり、運動した後の疲れが軽くなった。などなど

耳鳴り・めまいなどの症状は、大きくは変わっていなかったが、そういった症状があっても、前向きに気持ちを保ち、体が強くなっていることを感じることができました。

 

お金がかかるので、一時期やめたりもしましたが、やっぱり飲むと飲まないとでは、体調が変わってくるので今では、300錠入ったビンを購入して飲んでいます。

 

体調が安定してきたら、飲み方もコントロールしていけます。もちろん疲れた時には6錠飲むようにしますが、調子が良いときは、飲まない、通常は2~3錠くらいにするなど、適宜調整し、節約しながら飲み続けています。もう2年くらい継続しています。

お金はかかりますが、自律神経が弱い人はぜひ試してよい商品だと思います。

 

国産牡蠣100%使用。ワタナベオイスターは、健康食品GMP認定工場で製造され、国内の医療機関で安全性試験を行い、安心・安全・高品質だそうです。

多量摂取試験、長期摂取試験、成分分析試験、母胎ならびに仔への影響に関する試験など様々な試験に合格している安心できる商品だと思います。

 

私のような、過敏な体質でも、問題なく飲み続けて効果を出すことができてるので、まずは、短い期間だけでも試してみる価値があると思います。

owarinaki-tabi.hatenablog.com

1粒あたりのコストを下げたいならこちら↓(初期コスト大だけど、私はいつもこれ!)

まずは少額で、効果を試してみたい人ならこちらがお勧めだと思います。
初期コストを抑えつつも、ある程度期間を試してみたい方はこちら↓

ランニングコストが1番安い↓